2008年5月6日火曜日

NINJA_TUNE

ニンジャ・チューンというレーベルがあります。このレーベルはコールドカットによって90年に設立され、活動当初はヒップホップを基本としたブレイクビーツの作品をたくさんリリースしてきました。そして90年代半ばにはモ・ワックスとならんでアブストラクト・ヒップホップやトリップホップといった新しいシーンを牽引してきなのは有名な事実です。そして独特のイメージを作り上げてきたこのレーベルはその後、ドラムンベースやテクノ系の楽曲もラインナップに加えて幅広いジャンル構成にはなったのですが、今もなお高いクオリティーの楽曲ばかりをリリースし続けています。このようにレーベルとしてのジャンルの枠を広げ、今も尚成長しているニンジャ・チューンから、レーベルの過去から現在を集約したシリーズ作品、「Ninja_Cuts」の第5弾である「They_Don't_Know:Ninja_Cuts」がリリースされました。このコンピレーションアルバムにはシネマティック・オーケストラなど、ニンジャ・チューンの有名所アーティストたちの未発表曲や初CD作品などが収められています。また、ブレイクコアの新星であるバグや、ドラムン・ベースの新星であるケミスツなど、まだアルバムを発表していないアーティストの最新の音源も収められています。このレーベルを語る上で外せないのはレーベルの創始者である「COLD_CUT」の存在です。2006年に発表された「Sound_Mirrors」はほぼ全曲に有名なゲスト・ボーカルを招いており、その中にはジョン・スペンサーの名前もあります。このボーカルを前面に押し出したスタイルのアルバムをリリースすることによって、ポップミュージックよりの一般のリスナーにもニンジャ・チューンの存在を知らしめました。他ではクラブでのパーティーも主催しており、そのパーティー名を冠した「Solid_Steel」というミックスCDシリーズでは、これまでにヘクスタティック、Mrスクラフ、dj_Kentaro、ボノボなど数々の有名DJの曲が収められておりクラブ・ミュージックが原点のレーベルであるということが伺えます。今後もこのレーベルがポップミュージックをリリースすることはまずないと思いますが、どのような方向に向かっていくのかが非常に楽しみです。

1 件のコメント:

BlogMasterPg さんのコメント...

Hi; I'd like exchange my Music Blog link I'm the webmaster of ITALIAN SONGS - CANZONI ITALIANE ( http://canzoniitaliane.blogspot.com ). In my blog there is a dedicated page for my Blog Friends that I called "BlogRoll1", You can find it on my Home Page ( http://canzoniitaliane.blogspot.com/2007/03/italian-music-festival-san-remo-is.html ).. I wait an Your answer ( a comment on Blog) Thank You. Bye, from Massy, ITALY.